fc2ブログ
RSS

浦島太郎の真相

今日読んだメールを見て 是非取り上げたくてここに書きます。

漁師の太郎はいじめられている亀を助け、亀の背に乗り竜宮城で飲めや唄えを楽しく過ごし

家に帰れば時が経ち知り合いもいなくなり 寂しさのあまり禁断の玉手箱を空けてしまって

あっと言う間に年をとり 人生も終わりになってしまう。と言うお話ですが これは何を

言わんとしているのか? ハッピーエンドでなく 何なんでしょうか


漁師なので 気ずかずに 何万匹の殺生をして来て 悪気も無く ただ楽しく暮らして来たが

気が付けば 人生も終盤に近づき このままむなしく終わってしまうのか?と人生のはかなさを

気づかせるお伽話しのようです。

高校生 大学生 一般の大人のために 一日一日を体切に 味わって過ごす事と・・・

そして 本当の幸せを 早く探しなさい 見つけなさい と 言っているのかもしれません。


   

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

プロフィール

菊地 英豊 

Author:菊地 英豊 
自然素材 健康住宅 で病気を予防する《予病住宅》を建てるこだわりの健築屋です。

健康第一! 生きていると色々な問題が起きます。 いつまでも健康で長生き出来て
家族みんなが幸せでいられる環境を住宅に求められる様に、考えてきました。
病気にならない為には? どうして病気になるのか?と長年考えました。
一口に言うと、それは ストレス。
ではどうすれば良いのか 一緒に考え、ストレスのかからない家を追い求めてこれからも続けていきます
少しでも皆さんの健康維持を助ける事の出来る住宅を造ることに努力しています。
水 空気 食 低体温 電磁波 生活習慣病 運動 メンタル 空調 抗酸化 に
気配りした住宅造りです。

応援よろしくお願いいたします。

>>ホームページ<<

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログで世界旅行(オランダ編)



presented by オランダ旅行

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード