FC2ブログ
RSS

ショートメールと喜怒哀楽

近年 メールと言う便利なものが出来まして、とても重宝しています。

が、 そのメールの使い方一つで トラブルも起きているのをごぞんじでしょうか

皆さん 経験済みと思いますが 何度も繰り返すことなきように

考えました結果 あるものを入れてはいけないと言うことに気が付きました。


感情 です。


メールは一方通口ですので

人によって受け取り方が違うメールには 感情表現はできません。

一言で 固くも柔らかくもなります。ドライ でクール ですので

まして怒りの感情の入ったメールは あきません。

と言うことで 今回は メールを使う方 全員に ご忠告 申し上げました。


追伸: 誉めるメールは まだ良いかも知れませんが それなら電話して

あげて下さい。



スポンサーサイト



浦島太郎の真相

今日読んだメールを見て 是非取り上げたくてここに書きます。

漁師の太郎はいじめられている亀を助け、亀の背に乗り竜宮城で飲めや唄えを楽しく過ごし

家に帰れば時が経ち知り合いもいなくなり 寂しさのあまり禁断の玉手箱を空けてしまって

あっと言う間に年をとり 人生も終わりになってしまう。と言うお話ですが これは何を

言わんとしているのか? ハッピーエンドでなく 何なんでしょうか


漁師なので 気ずかずに 何万匹の殺生をして来て 悪気も無く ただ楽しく暮らして来たが

気が付けば 人生も終盤に近づき このままむなしく終わってしまうのか?と人生のはかなさを

気づかせるお伽話しのようです。

高校生 大学生 一般の大人のために 一日一日を体切に 味わって過ごす事と・・・

そして 本当の幸せを 早く探しなさい 見つけなさい と 言っているのかもしれません。

人は図星で何故怒るのか

人が腹を立てる時はどんな時か?

物事が思うように進まないとき、意に反するとき と 図星を言われたときなど でしょうか

 前者はともかく 後者は 何が許せないのか 兎に角 怒る体勢になってしまう。

なんででしょうか?

言われたくない事 言って欲しくない事 なので 何故か 怒りたくなるのです。


前々回の格言のトップに書きましたが 「人は嫌な事を言われて育つもの」と言いました。

どうしてなのか 掘り下げる価値は有ると思います。

 人は生まれたときは プライドも 恥も 欲も 善も悪も なにもない状態なのですが

いつの頃か 少しづつ揉まれて 自分と言う形を形成するために 変わって行きます。

始めは やって良い事と いけない事もわからず 怒られたり 叱られたり 直されたり

恥を掻いたり 反対に 嬉しかったり 喜んだり いろんな事で 自分自身が形成されて

自分を守る事も覚えて 言葉でガードしたり 心のガードを造ったり そのうち鎧でガチガチに

なったりして来ます。悪いと解っていても うそを付いたり 騙したりもするようになります。

 で、素直さが無くなるのです。つまりはひねくれる と言う事。

魅力のある人間は いつも素直で 明るくて 成長している人だと思います。

ひねくれた人は誰がみても魅力はありません。

 嫌な事を言われた時は 教えて貰っている事を感じなければなりません。

嫌な事を言われた時は 素直な気持ちで 一度受け入れて 噛み砕いて 自分の反省の材料にして

消化させる行動が兎に角必要に思われます。

 更に 嫌な事を言われた場合は 原因は 自分に有ると言う事を 理解しなければなりません。

原因を探そうとせずに ただ 腹を立てていたのでは 成長はありませんし、人的にも進歩は・・・

また 言われた事に対し 自分の考えを押し通すのではなく こちらの考えを 違う方法で伝えれば

世の中の嫌な事や 避けたい事はかなり減る事になると思いませんか?  

 


 

稼ぐ家 の説明会

半年後に迫ったオリンピック・パラリンピック ですが その後の景気が心配です。
過去の事例的に 開催国は殆どと言って良いほど 景気が悪化しているようですので
東京、日本の景気が先行き心配です。
その事もありまして 当社での打開策を打ち出して 今年になって チラシを9000枚 地域限定で個別配布をして
その説明会を1月25・26日で開催しました。新築見込み客の中から2名様の反響がありまして、1歩前進と言う結果が
出ました。
今回のチラシの内容は、結構不評なお言葉を頂戴しましたが 内容が不明な事、余りにも中身が良すぎて信用出来ない
、あり得ない、と言う方々が殆どでした。
しかし、内容をあからさまに出来ない事情がありまして これまた承知の上での事ですので、地道に同じような不評な内容で
繰り返し、本当に信用して頂ける方だけでの実行を考えております。
当社としても 今年は5棟限定で限界ですし それ以上の反応が有っても対応が不可となり、また商法の内容が真似される事に
なりますので、反応が出来るだけ少なく、この商法が長く使えるようにと 考えての事ですので、その点をご理解下さい。
 現段階で言える事は 早い者勝ちで 宝くじに当たると言うより当たりくじに飛び込んで行くような良い話しに思いますので
その説明会を今回は2名の方にさせて頂きました。残り3名の超ラッキーと言えるこの話しは果たして どなたになるのか・・・ 

怒ると叱る

以前にも書いた内容ですが、今朝7時20分ころ 女子バレーボール選手だった小学生指導の先生が5年前から
始めたという怒らない指導で萎縮させず、能力をのびのびと引き出す教育方法の紹介をしていました。
  そこで別の見方の男性の監督さんは 怒る事も教育上に必要な事ではないか・・ と言っていました。
なにか 違和感をかんじて ウム?と 耳を・・・
怒ると言う動作は その人の思うように行かない、進まない と言う不満を相手にぶつけただけで 怒られた方の感情は
萎縮するか 反発するかの誘導にしかなりません。
怒るは 感情、叱るは理性

これなら叱られた方も 納得。 素直に受け入れて反省に繋がり 更なる前進が期待される事になると思いませんか?
≪前のページ≪   1ページ/27ページ   ≫次のページ≫

プロフィール

菊地 英豊 

Author:菊地 英豊 
自然素材 健康住宅 で《予病住宅》を建てるこだわりの健築屋です。
少しでも皆さんの健康維持を助ける事の出来る住宅を造ることに努力しています。
水 空気 食 低体温 電磁波 生活習慣病 運動 メンタル 空調 抗酸化 に
気配りした住宅造りです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログで世界旅行(オランダ編)



presented by オランダ旅行

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード